読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★アトピーなムスメと私★ 小児アトピー改善〜完治を目指す奮闘記ブログ。

小児アトピーと奮闘するママのアトピー改善のコツと方法のまとめ。生まれつきアトピー持ちの1歳の娘と私。脱ステ、民間療法、漢方など試行錯誤の結果、良いと思ったアイテムだけを綴っています。おすすめグッズをどんどん口コミしますので、小児アトピーに悩んでいる人の参考になれば嬉しいです☆

アトピーと睡眠の関係。メカニズムを知って睡眠の重要さを知ろう

f:id:tommyyoshi-biz:20170419114113j:plain

こんにちは。

先日、睡眠不足に関する記事を書きました。

www.tommy01.link

 

今回は、アトピー性皮膚炎を改善するうえで、睡眠の大切さについて、より詳しく、体のメカニズムの観点で考えてみたいと思います。

続きを読む

アトピーの痒みで夜眠れない?アトピーと睡眠不足の関係と睡眠不足解消法

f:id:tommyyoshi-biz:20170419114324j:plain

こんにちは☆アトピママです。
今日もせっせとアトピー改善に向けて保湿を頑張っていますか?

さて、先日ネットに、アトピーなどのアレルギーに関する研究結果についての記事がありましたので、こちらでシェアしたいと思います。

 
皮膚炎で悩むご家族やあなたにこんな心当たりがありるなら、参考になるかもしれません。
 
 ●アトピーの痒みが強くて夜も眠れない
 ●布団やベッドに入った途端、ムズムズして痒くなる
 ●せっかく寝ていても、いつも途中で痒くて起きてしまう
 ●一度痒みで起きてしまうと、なかなか眠りに戻れない
 ●昼間せっかく痒みに耐えても、寝ている間に掻き壊してボロボロになる
 
 
私自身も、娘もいつもこれです。
昼間は比較的、理性が働いているので、痒くてもポリポリ・・くらいで済むのですが。
夜は、ダメですね。どうしても掻いてしまいます。そうすると、睡眠不足になってしまいます。
 
もともと、23時〜25時あたりは、交感神経から副交感神経にスイッチが切り替わり、副交感神経が働く時間帯といわれています。
 
副交感神経というのはリラックスする神経なので、リラックスするなら痒くなくなるんじゃないの?と思いきや・・
リラックスすると血流が良くなり体温が上がり、アトピーのムズムズを強く感じるようになってしまうんです!!
 
健康のために温かいお茶を飲んだら余計ムズムズ・・これと同じ現象です。
これはもう生理的な事ですし、なかなかコントロールできるレベルではないです。
 
でも、この魔の時間帯をなんとかしないと、なかなかアトピーは改善に向かっていかないのが難しい所です。
 
 
今日は、そんな睡眠不足とアトピーの関係についての記事です。
続きを読む

はじめに、このブログの意義とアトピーとの付き合い方。

はじめまして☆

生まれつきアトピー持ちの私、アトピママです。

 

こちらのブログでは、もうすぐ1歳になる娘と私が、使ってみてアトピー改善に効果があった&使ってみてよかったモノ&コトを記録していきます。
 
使ってみた結果アトピーが悪化してしまった場合や、効果があったのか分からなかった場合は、別のブログでレビューしています。(*^^*)
すべてを知りたい方は【奮闘記ブログ】へどうぞ。
 
 

改善〜完治へ向けて。

成人アトピーと小児アトピー。
手強い敵ですが、必ず完治できる!と信じています。
 
 
だって、赤ちゃんや子供のアトピーは成長にしたがって良くなっていくと言われているし、成人アトピーだって、時間はかかっても絶対治ります。

人間の細胞は3年ぐらいで全部生まれ変わるんですって。
 
すごいですよね。
 
 
実は私は、今から8年前、東京で一人暮らしをしていたとき、ゾンビのように皮がむけきって血まみれ・浸出液まみれの酷い重度アトピーを経験しました
頭皮とひざ下以外は、全身に症状が出ていました。
少しでも汗をかくと痛がゆく、全身こわばり、亀裂だらけ。
少しでも動くと乾燥しきった患部から血や浸出液やにじみ出ていました。
 
症状は、顔にも出ていました。赤黒くパンパンに腫れて、頬は血だらけ。
笑うのも苦痛。外出時はマスクとサングラス、帽子という何とも怪しい風体でした。
 
でも、就職して(そんな見た目でも雇って貰えたので感謝。)毎日の生活を変えたら、何も意識しなくても3ヶ月後にはすっかり綺麗な肌になっていたことがあります。
 
この間、行っていたことは4つ。
①規則正しい生活 ー 日中きちんと動いて、夜寝ました。
②正しい食生活 ー それまではお肉を避けていたけれど、一生懸命働くとお腹が減るので肉魚問わず沢山食べました。揚げ物なども食べていました。食養生とは無関係に、本当に沢山!
③こまめな保湿 ー 朝・昼・お風呂の後の1日3回必ず保湿しました。
④毎日、湯船に浸かる ー 死海の塩や温泉の湯の花を入れたお風呂に毎日ゆっくり浸かっていました。
 
当時の保湿は、知識がなかったので馬油とワセリンのみ。
今考えると、ちょっと恐ろしい組み合わせですが(苦笑)
 
それでも、その結果「自己治癒力」のスイッチが入って、治癒力が病気のパワーに打ち勝ったのだと思います。
 
だから、今回も頑張ります。
前回とは状況がかなり違うし、また、子供のアトピーのケアは始めてで大人とは勝手が違い、とまどう事もあるけれど、
頑張って、脱ステロイド、食事療法、保湿療法、漢方療法を継続していきます。
 

私流:ステロイドとの付き合い方のスタンス

私は手指だけはずっとステロイドを使用していました。
上の子が生まれてから水仕事が増え、水泡だらけになるようになり、それを抑えていました。アンテベートとキンダベートを使い分けながら、合計3年使いました。
脱ステロイドを行って半年、ようやくステロイドリバウンドからも脱してボロボロだった手指にツヤが少しだけ戻り、キメも見えるようになってきたところです。
 
 
ステロイドは、即効性があって、医療の現場で一番信頼のある薬です。
炎症の酷い所には、やはり、このステロイドの使用が避けられないというのが私の理解です。
特に、子供のじゅくじゅくアトピーにはやはりステロイドの使用が必要でしょう。
じゅくじゅくしている所は細菌感染を起こしていますので、抗菌剤配合のものでないといけません。
1歳になる娘にも、数週間前まで使っていました。
ロコイドとプロペトの混合薬を、朝晩2回塗っていました。
 
娘にも使っていますが、ただし、弱めの薬です。
強い薬で抑えて・・とよく言われますが、そんなに急激に抑えても、他の、炎症がくすぶっていたところが新たに酷くなるだけです。
 
そして、一度強い薬を使うと、それよりも弱い薬が効かなくなるというのは本当のことです。
これは私個人の経験でしかないのですが、薬の強さには気をつけて下さいね。
 
 
ということで、私は色々試した結果、娘の体にはキンダベートとプロペトの混合ペーストを保湿の後に薄く塗っていました。
キンダベートはステロイドランクで言う所の4番目、《弱い》に分類されるような弱い薬です。
ですので、1回でパキっと炎症が抑えられるわけではありません。
その代わり、炎症の起きている部分だけでなく、その周りにも薄く塗っています。
 
 
でも、娘の体調が良くて、自己治癒力が発揮されていると、そんな弱い薬でも抑えきれるときがあります。
そんな【自己治癒力>病気】の状態の日が1日でも長く続くよう、食事療法と漢方の服用、スキンケアをせっせと続けています。
 
 

日常生活で気をつけていること

子供のアトピーの炎症が強いと、夜も眠れず泣き喚くので、睡眠不足になります。
むずがゆくて、起きてしまう。これが毎晩ですので、家族も大変ですよね。
しかし、気をつけてください。
 
睡眠不足は、アトピーに一番悪影響を及ぼします。
 
間違いありません。
睡眠不足は体力を低下させ、細胞の生まれ変わりを停滞させます。
 
一番、アトピーに悪いです。
 
だから私はどんなに忙しくても、睡眠時間だけはきっちり確保しています。
部屋がちょっと汚くても、子供の睡眠を優先させています。
覚えておいてくださいね。
 
 

これからよろしくお願いします。

愛する子供や家族がアトピーだと、お母さんはすっかり健康オタク&栄養学オタクになってしまいますね。(^^;;
 
でも、そんなに頑張っているのに、「まだ足りない・・・」悩んでいませんか?
 
愛しいお子さんの、アトピーをかゆがり苦しむ姿に心を痛めていたり、
またご自身のアトピーに悩んでいたり・・
 
辛いアトピーに悩んでいると、心までアトピーに蝕まれてしまいます。
 
そんな時、このブログで新しい改善例を見て頂けたら、心も明るくなれるかなと思い、「ポジティブな事だけを綴ったサイト」の開設を思い立ちました。
 
アトピーに悩む方の参考になれば嬉しいです。
 
もう一度、最後に言いますが、睡眠不足だけは、絶対に一番最初に解消してくださいね。どんな手を使っても、最低6時間は寝てくださいね。
 
どうか、どうか、お願いします!!
 
 

 

アトピー肌におすすめ保湿法。乾燥を改善して痒みを軽減しよう!

こんにちは、アトピママです。

 

ブログを始めて間もないですが、

早速、私流のアトピー・ガサガサ痒み肌に使える最強保湿法をシェアします。

あなたの大事なご家族のカサカサ・カユカユが少しでも良くなったら嬉しいです!

------

※ここに載せたのは、2017年1月・この酷すぎる乾燥時期の内容です。

今迄で一番最強に保湿できている方法を残しておくためでもあります。

この情報はあくまで私個人の体験談ですので、効果は人それぞれ違う場合があります

------

 

私、自慢じゃないですが試した保湿剤は★の数ほどあります。

 

アトピーに長年悩んでいる方なら、

●これはいいかも?と期待して買った化粧水、ピリピリしてお蔵入り・・

●オールインワンジェルにかぶれて、速攻お蔵入り・・

そんなお蔵入りアイテムが洗面台にびっしり保湿剤・・

 

「ある、ある!」と共感していただけるんではないでしょうか?!

 

買ったはいいものの、肌に合わずにお蔵入りはなんとも悲しいですね。

私も、極力低刺激なものを購入するようにして、毎日組み合わせを変えて人体実験(?!)してきました。

(アトピーな娘より少しだけ肌の強い、上の息子にも協力してもらってます。

彼もまだ3歳なので、お肌は普通よりも敏感です。冬になると足に湿疹が広がります。)

 

そして!

最近お気に入りの最強保湿法の組み合わせをまとめてみました。
ご紹介していきたいと思います♪

続きを読む

どうやったら1歳の子の肌の保湿力が上がるの?

子供の保湿力、どうやって改善する??

うちの子は、私と一緒に漢方内科に通っています。

かれこれ半年ほど通っていますが、目に見えて良くなっている訳ではありません。

お医者さんからは
「肌が弱いお子さんの場合は、体力や肌の保湿力を上げる事が改善につながる」と言われています。

 

確かにそうだと思います。

保湿を頑張ればカサカサしないですし、痒くもないような感じです。 

だから、毎日3回の保湿は欠かしません。

顔なんかは一番乾燥するので、2時間おき位に塗っています。

 

でも、「保湿依存」という言葉があるように、肌自体の保湿力は本当に上がっているのか?逆に肌の保湿力を上げる妨げになっていないのか?

 

正直疑問です。

 

また、「赤ちゃんの体力を上げる」ということも、一体どうすればいいんでしょうか?

たくさん運動させる?

日光をたくさん浴びさせる?

お風呂に長く浸かる?

本当にこんな事でよくなるのかな???

 

皮膚科では、季節が変わるとともに良くなると言われたけれど。

娘のアトピーは、生後半年を過ぎた秋の始めから酷くなりました。

乾燥が一番の原因のように見られます。

だから、乾燥が原因なら、湿度が出てくる春からは良くなるはず。

そんな理由で、皮膚科のお医者さんはこう言って下さったのだと思います。

 

しかし、今はまだ3月。

外気はまだまだ寒く、とても乾燥しています。

現在はステロイド外用剤と抗アレルギー薬の服用で炎症を抑えていますが、、、根本的な治療にはなっていません。

 

4月になれば、5月になれば、この炎症は自然と消えて行くものなのでしょうか?

私の方はさておき、小児アトピーとの闘病を始めてもう半年になります。

これまでせっせと保湿を頑張って来たけれど、正直、頭打ちになりつつあります。

何か他に手はないんでしょうか?

 

こんな肌になりたい!こんな肌に絶対なります!

f:id:tommyyoshi-biz:20170328113746j:plain

赤ちゃんのお肌って、ぷるぷるのうるうるで気持ちいいですよね。

上の子の時は、触っていてとても気持ちいいので、いつもほっぺをスリスリしていました。

お風呂上がりに、ささーっとベビーローションを塗るくらいでぷるぷる、モチモチの肌でした。

 

でも、下の娘はいつもカサカサで、ちょっと掻くと傷が出来てしまい、浸出液の臭いがしています・・・。

 

本当にかわいそうです。

 

私が代わってあげたいと本気で思います。

いや・・・私と代わるともっとひどいので、私が今の2倍痒くなってもいいから、娘の苦痛は全て取り除いてあげたい

心の底から思います。

 

アトピーのお子さんを持つ方なら、こう思った経験も多いんじゃないかな・・

 

はやく娘もアトピーを完治させて、ぷるぷるお肌になってほしいです・・・TT

本当に乾燥だけが原因なら、1日でも早くこの乾燥の季節が終わって欲しいと願っています。

そして、娘と一緒にTシャツで外を走り回ったり、海やプールに行きたいです!

 

やっぱり、毎日のケアしかない!

これから、まだまだ長い闘いになりそうです。

ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、今できることは、保湿を続けることしかありません。

 

やっぱり、これしかないと思います。

だって、保湿しないとすぐカサカサになるんですもの。

保湿以外に、このカサカサを改善する方法はないんです!

 

思い返すと、去年の夏に私が手指の主婦湿疹を脱ステロイドした時、ガサガサごわごわの肌を改善してくれたのは保湿でした。

 

傷だらけの手にハンドクリームはしみたけど、それをしないといつも皮がむけてました。

そして、次第に傷は治癒して、手の甲のキメも見えてくるようになりました。

脱ステロイドして、半年経ちましたが、肌のツヤも出て来ました。

 

だからやっぱり、保湿は大切なんでしょう。

 

保湿、保湿と小児科や皮膚科で言われて来たけれど、どうしてなのか、今迄は対処療法でしょ、とタカをくくっていました。

 

でも、自分の主婦湿疹が実際に改善した今、保湿の重要性は身にしみて実感しています。

 

これからも保湿を欠かさず、娘の体力や保湿力が上がってくるのを全力でサポートしていきたいと思います!