投資用不動産2件!30代主婦オーナーの節約&投資術★

30代、2児の母。都心の投資用区分マンションを2部屋持ってます♪貯金して不労収入を狙いましょう!

「平均貯金額」を主婦目線で読み取ってみた

こんにちは☆

今日も節約マインド全開の節約主婦TOMMYです。

 

今日もあなたは「いかに節約するか?」「いかに得するか?」を考えて行動していますか?

継続は力なり!一緒に頑張りましょう!!

 

さて先日、食費をオーバーしたので少ない食料で何とかやりくりしていますが、その苦しみも折り返し地点に来て、ようやくゴールが見えて来ました!

私の節約マインドのご紹介も兼ねてますね・・^^;
www.tommy01.link

さて、そんな節約バカの我が家ですが、旦那さんがこんなデータを見つけてきたので、早速我が家の状況と照らし合わせてみました。

その名も、世代別 平均貯金額

旦那さん曰く、この「平均」っていう言葉はちょっと厄介でして、一般的な平均ではないのです。

たとえば調査対象が100人いて、そのうち99人が10万円しか貯金していなかったとしても、残りの1人だけが1億円を持っていた場合、1億990万円÷100人=平均109万9千円になります。

99人が10万円しかないなら、どー見たって、逆立ちして見たって、平均は10万円ですよね?

なのに、計算上ではこの10倍の109万円になっちゃうわけです。

なので平均値を見る時には、あまり細かい数字を見ない方が得策といえます。

データによっては、このブレを修正した「中央値」を載せているものもあるのですが、そのデータは手に入りませんでした・・・ごめんなさい。。

 

ただ、ブレがあるとはいえ、目標があるのはとても良いことなので、今回は平均値と比較してみたいと思います。
是非あなたのご家庭の状況とも比べてみてくださいね♪

 

 

表から未来を読み取ってみる

f:id:tommyyoshi-biz:20170327153631p:plain

※住宅は多くの場合ローンで「負債」と判別されるため、金融資産には含まれていません。

●30代・・現金貯金額が500万以下。金融資産が286万円。

●40代・・現金貯金額まだまだ500万以下。ただし金融資産が伸び469万円に。

●50代・・現金貯金が800万円に。ローンが終わり金融資産も1,500万円超。

50代・60代でなぜこれほどに資産が増えるかというと、実は退職金が絡んでいるからなんです。

退職金制度は、まだまだこの日本社会においてメジャーな方ですが、現在30代の私たちがリタイアをする30年後にはまだ残っているかは疑問ですね。

働き手が確実に少なくなり、また年金受給開始も遅れるようになるため、定年も60歳から65歳、65歳から70歳とどんどん後ろ倒しになっていくことが安易に予想出来ます。

 

そうなると、
これまで一般的だった常識=子供たちを社会に出して、住宅ローンも完済、退職金を貰って不安のない老後・・・という未来は???

どうなるんでしょうね??

 

ちなみに、この表には現れていませんが、各世代の3割はほとんど貯金がないそうです。
日本人、大丈夫かーーーー?!?!(@@;;;;

 

我が家の総資産、2017年3月現在

ついでですから、ちょっと嫌な比較してみます。

30代ファミリー世帯の平均値と、我が家を比べてみたいと思います。

平均値

貯金額:370万円
金融資産保有額:656万円

我が家

貯金額:1,127万円
金融資産保有額:2,184万円
(投資用不動産含める)

 

こんなにちがいますね。

ちなみに、不動産の価値が700万円なので、これを含まないようにすると、我が家の金融資産保有額は1,484万円になります。

それでも一般的な家庭の2倍以上ですね。でも、これは自慢でもなんでもありません。

だって私たちのお給料って、そんなに高くなかったですから。

 

なぜ、私たちがこれほどまでに資産を増やせたのか?

これには理由があります。

一番の理由は、2年前までは共働きだったこと。

そして二番目に、ぎりぎりまで切り詰めた生活をしていたこと。

 

主人と私はそれぞれ年収が400万円前後で、世帯年収は800万円でした。

それを税引きすると手取りが大体700万円弱。

私たちの生活費は月あたり23万円程度でしたので、年間276万円になる計算です。

娯楽や旅行も全て我慢しました。

ボーナスが出ても、全部貯金しました。

そうしてやっと貯金が増えました。


このように700万円-276万円、つまり年間400万円以上は貯金していました。

これは私たちにしかできなかったことでしょうか?

違いますよね!

 

この平均値よりも低いなら今から頑張らないとダメ!

あなたがもし1年やそこらで劇的に貯金額を増やしたい場合は、節約の他に、共働きという手を加えるしかありませんね。

もし、上に上げた平均値(30代370万円、総資産656万円)にも満たなくて、奥さんが専業主婦なら、はっきりいって少しは働きに出ないとダメです。

 

1年間フルで働けば、所得の分がまるまる貯金できますよね?

扶養が・・というなら、額面100万円まで働けば良いです。

だいたい手取り額80万円が貯金できます。

 

ただし、働きに出て気をつけたいことが一つ。

生活レベルを上げてしまっては、絶対貯金できません。

むしろ、働いて収入を増やす間にも、更なる節約はできないか思考を止めないことです。

 

参考になれば幸いです♪