投資用不動産2件!30代主婦オーナーの節約&投資術★

30代、2児の母。都心の投資用区分マンションを2部屋持ってます♪貯金して不労収入を狙いましょう!

クレジットカードを申し込む時に気をつけたい3つのこと【審査落ちを回避する方法】

こんにちは★

節約主婦TOMMYです!

今日も「いかに節約するか?」「いかに得するか?」を考えて行動していますか?

継続は力なり!一緒に頑張りましょうね〜!!

 

先日、楽天カードが最強だと思うという記事を書きましたが、実際に申し込んでみようかな?と思っている場合、こんなことに気をつけると良いですよ、というものがあります。

これは楽天カードに限らず、すべてのクレジットカードの申し込みに当てはまることなので、覚えていて損はないですよ♪

 

別の記事でもまとめたとおり、クレジットカードのネット申し込みのシステムも日進月歩・どんどん進化しているようです。

2,3年前は、審査結果は申し込みをしてから1週間くらいかかり、カードが届くまで不明だったものですが、(審査に落ちた場合は薄っぺらいハガキが来るんでした)最近はもう、申し込んだ当日、もっと早いと数時間後には結果通知メールが貰えるようになった。

 

こんなに便利になった世の中ですが、適当に申告をして審査に落ちてしまうと、次のカード申し込みまでは最低半年あけないといけない事は変わりません。

うっかりミスでクレジットカードの審査に落ちて半年待機・・・(しょぼん)
ということのないように、事前にチェックしておきましょう!

 

楽天カード申込前にチェック

①自分(主婦の場合は旦那さん)の収入は嘘をつかずに書く

これは当たり前のことですが、嘘はよくありません。

確かに収入を裏付ける証拠はなにもないのですが、コンビニのアルバイトなのに年収800万円とか、状況的にありえないでしょ?

また、学生のアルバイトや主婦のパートで月の収入に差が出やすい場合は、平均的な金額を入力しましょう。

 

②借金額も嘘をつかずに書く

これも当たり前ですが、真実を入力しましょう。
カード会社が審査のために信用情報に問い合わせた段階で、現在の利用額がはっきりとわかるようになっており(ショッピングとキャッシングの区別は分からないようになっています。)嘘だとバレたら審査に落ちてしまいます。

あなたがカードを発行する側の人間だったら、こんな嘘つきにお金貸してもリスクしかないでしょ?ってことです。

 

③前回の申し込みから期間をあける

すでに他社で審査落ちしてしまったなら、次の申し込みまで半年以上期間をあけましょう。

審査落ち(個人情報を照会した履歴)情報が残っていると、次の審査に支障をきたします。

審査落ち情報は6ヶ月を過ぎると消去されますが、カード会社の登録・消去サイクルによってはそれより長くかかってしまうこともあります。

よほど急いでない限り、大事を取って7,8ヶ月はあけた方が無難だと私は考えています。

実際、ありましたよ。消去されているはずの情報が残っていたこと。

これは、カード会社が信用情報機関に情報を登録する際、よく起こりうることです。

なので注意してくださいね。

※ 前回のカード審査に通っていてさらにもう1枚作りたい場合は、半年もあけなくて良いようです。

ただ同じ月とかは避けておくのが良いです。

 

2,3ヶ月あければ大丈夫かと思います。

というのも、例えば4月に1枚カードを作って、すぐに買い物に使ったとします。

そのカード利用分が翌月に銀行口座から引落しされれば、信用情報には支払い完了の$(ドル)マークがつきます。

これが、たとえば口座の残高不足などで支払い事故(支払い遅延)になってしまった場合、$マークではなく、Aというマークが付いてしまいます。

クレジットカード会社が見ているのはこういった支払い履歴ですので、仮に3ヶ月前にカードが発行されていても、支払いが順調なら「この人に支払い能力はあるな。」「自分の会社でカードを発行しても支払い延滞されるリスクは低い」。

つまり、「カードを発行しても問題ないな。」と判断するわけです。


ところが、間をあけずに申し込んでしまうと、カード会社によっては「なんで2枚も急に必要なの?まさか借金苦なんじゃ?」と勘ぐられ、却下される可能性があります。

 

まとめ

以上、クレジットカードに申し込む前に気をつけたいことでした。

3つ全てがクリアになったら、是非申し込んでみてください(^^)

特に楽天は標準でもポイント1%で、楽天Edyへのチャージもポイントが付きます。

マックの支払いにも1%。

さらに楽天ポイントセールが頻繁にあり、ポイントアップキャンペーンも活用すればポイントが13倍にもなる等、お得に買い物が出来ます。

 

他にも年会費無料のクレジットカードも色々あるので、現金でのお買い物にこだわりがないなら、毎日のショッピングの支払いにはクレジットカードを率先して使う事をおすすめします!

 

ただし、使った金額や内容は必ず漏れの無いように家計簿に記録すること!

これを怠ると、翌月の口座引落しの時にびっくりします。。(@@;;;