読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年で投資用不動産を購入!30代主婦の節約投資術

30代、2児の母。都心の投資用区分マンションを2部屋購入しました!お得情報や節約術、資産の投資運用法を公開するブログです。

貯金体質になって節約!すぐできるムダ遣い解消法

こんにちは★

節約主婦TOMMYです!

今日も「いかに節約するか?」「いかに得するか?」を考えて行動していますか?

継続は力なり!一緒に頑張りましょう!!

 

今日は、節約できない消費体質をたった1日で貯金体質に変え、節約が気持ちよくなる位クセになるワザについてお話しします。

 

その名も「疑問符マジック」

 

なんか、通販の「レッグマジック」みたいですね?!w

でも、本物ですよ♪

 

というのも、これは根っからの消費体質だった私が、結婚して主人から「倹約〜倹約〜」と毎日言われ続け、夢でもうなされるほど「節約することに苦痛を感じていた」時に編み出した、節約術です。

これをやることによって、消費体質から一気に貯金体質へ大変身。

 

これは、ちょっと前にブームになった「断捨離」の思考法に近いのですが、これは「ムダ遣いをしない」「ストレスなく節約ができるようになる」ことをモットーとしています。

 

しかも、これは節約だけに当てはまるものじゃないんです。これを身につけると、他にも応用が効くから。

たとえば、こんなことが起きます。

●お金のムダ遣いが無くなるだけでなく、お家の中がスッキリする

●なかなか続かなかったダイエットができるようになる

●いつも途中で諦めていた禁煙・節煙ができるようになる

 

やり方は至ってシンプルです。

今日から実践できますので、気になる方は見てみて下さいね〜。

「疑問符マジック」は簡単。

やり方はこうです。

まさに今「何かを買おう」とするとき、自分自身に問いかける。

3度問いかける。

口に出したって良いです。

 

①今ほんとうにそれが必要か?

②必要なら、どうして必要か?代わりになるものは家にないのか?

③その価格は最安値か?きちんと調べたのか?

 

この②と③は、本当に効果抜群にありますよ!

「あっコレ、欲しい〜〜〜!買いたいな!食べたいな!うずうず」
っていう欲求が、ぷしゅ〜〜〜〜ってしぼみますから。

 

ガマンはストレスになる。脳みそをフェイクせよ!

この疑問符マジックをせずに、買いたい欲求をただ我慢するとどうなるか?

脳みそは強いストレスを感じるんですよ!そして「ご褒美」がほしくなる!

「買う事」を我慢すると、そのご褒美として「何でもいいから買いたい!」と強く願うようになってしまう。

すんごい矛盾。^^;

 

そのご褒美すら我慢してストレスをより強くするといつか暴走しますよ。ムリがあります!

だからフェイクする必要がある。脳みそが、欲求でなく別のことを考えるように誘導する必要がある。

それが自問自答の素晴らしいところ。

 

人間の本能「性(さが)」を理解し、それを圧倒的な理性で凌駕するんです。

「凌駕する」とは

意味)他をしのいで、その上を行くこと。

類語)勝つ、上回る、凌ぐ、突破する、など

例)前作を凌駕する売れ行きだ。

 

なんだ、自問自答?そんなことか・・・と侮るなかれ。

人間の本能ってのは、抗いがたい。

第一、人間がみんな本能を理性でコントロールできれば世の中にデブなんていないし、タバコだってもうすでに世の中から無くなっているはず。

1万円もする電子タバコだって買う人いるわけない。

ギャンブルで破産する人だって、ショパホリック(買い物依存症)だっていないはずだ!

 

脳の仕組みを知れば、コントロールしやすいよね?

本能は脳みそがコントロールしています。

肉体的な疲れすら、脳みそがコントロールしているんだそうです。

面白い事実です。先日、こんな記事を目にしました。

style.nikkei.com

リンク載せておいてちょっと毒を吐くようで申し訳ないんですが、この記事あんまり中身ないので要約するとですね。
「過度な仕事や運動、メンタルの悩みなどを脳はすべて『ストレス』として受け取る。強いストレスが続くと脳内の処理が増大し、酸化する。その酸化ストレスにより本来の働きができなくなり、負荷の多い部分に疲労を感じさせて、”もう疲れたから(飽きたから)やめよう”と思うようにさせる」ということのようですね。

 

脳がストレスを感じるとどうなるんでしたか?

「ご褒美」が欲しくなるんですね。

 

「ご褒美」とは何か?そう!

あなたが依存していたり、日頃ガマンしているモノ・コトなんです。

 

たとえば、ダイエットをしている人は、長時間のデスクワークの合間にチョコレートが無性〜に食べたくなる。

禁煙をしたいと思っている人は、ミーティングが終わった後にタバコを吸いたくなる。

節約をしたいと思っている人は、会社からの帰り道、ふらっとコンビニに入り、要りもしないアイスを買い食いとか、特売日にお目当ての安売肉と一緒にシュークリーム、かな?

 

これをやると、脳みその「報酬系」という回路が、とっても喜びます

そして、次も同じ行動をとらせようとする。次はもっとドギツイのが欲しくなる。

「次もやれ!そこのコンビニに入って、チョコレートを買え!次は肉まんも買ってしまえ!その次は、コーヒーとドーナツだ!」と指令を出す。

 

なぜこんな事が起きてしまうのか?というと・・

脳みそというのはバランスをとるもので、善行をすると悪行もしたくなるんだとか。

何かを頑張った(善行)後に、ちょっとごほうび(悪行)。

いつだって、そうですよね。

 

いつもは水筒にコーヒー入れて節約頑張ってるのに、たまに油断するとスタバに入っちゃって500円以上するフラペチーノ頼むとかいう、とんでもない浪費をしてしまうよね。

いつもはダイエット頑張ってるのに、頂き物のクッキーをちょっと食べ始めたら、1缶全部食べちゃった!とかね。

 

メンタリストのDAIGOさんが言ってました。

「ダイエット中の人にケーキを与えると、いつもの1.5倍以上食べてしまう」

 

いつも頑張っている人にこそ、待っている落とし穴はデカい。

これが、依存しているものがなかなかやめられない理由。あなたがなかなか節約できずに、消費体質のままでいる理由です。

 

欲求を感じたら、すぐさま脳みそを徹底的にフェイクせよ!

この困った脳みそには、論理的な思考法で対処しましょう。

冒頭でご説明した疑問符、覚えてますか?

①今ほんとうにそれが必要か?

②必要なら、どうして必要か?代わりになるものは家にないのか?

③その価格は最安値か?きちんと調べたのか?

これ、脳みそが働きます。

「悪さしたい〜!」に傾いても、③まできちんと考えれば、悪さしたい欲求がなくなります。

これは本当に不思議。

本当に簡単に、フェイクできますよ。

それで、本当に必要な商品は、③までクリアしたら買えば良いんですからね。

最安値のお店で

そして最安値を検索する宿題は家まで持ち帰る。そうしないと、また帰路の途中で悪さしたくなっちゃいますからね。。^^;;

 

さいごに、疑問符マジックを体験してみてってよ奥さん!

ロールプレイングしてみましょう。

 

ふらっと立ち寄ったディスカウントストア。
洗濯洗剤が特売に!
「あっ!コレ安いかも!」と思っても、ちょっと待って。

①本当に今日、必要?
②家にストックなかったっけ?
③いつも行くドラッグストアではいくらだったっけ?いくら安いのかな?

・・あれ・・・。
そんなに安くないかな?どうだったっけ??
っていうか、よく考えたら先週買ったばっかりだし、次は違うのを試そうと思ってたんだった!
また無くなる前に見にくればいいや!

 

ね、簡単でしょ?

ちなみに本当に安くて、家にストック無いなら、買って良いですよ。

特売は基本、お得ですからね!

 

こんな風に、私は毎日「衝動買い欲求」と闘っています。

根は「ムダ遣いの大好きな、消費体質」ですからね。理性で押さえつけてます。笑。

 

実は、最初のうちは、この疑問符はうちの旦那さんが私に投げ続けてくれてたんです。

共働きで、お買い物は休日にしていて、お買い物の間はずっと旦那さんが一緒にいたから。

でも主婦になり、お買い物は一人ですることが多くなり、自制がストレスになった。

節約しなきゃしなきゃと、プレッシャーになり苦しかった。

 

そんな時、この疑問符をやるようになったらストレスが一気に減って、無駄遣いもなくなったんです。

ストレスを溜めずに、お金を貯める。

これが私なりの節約術です。

 

あなたも今日から実践できますから、節約、がんばってみてくださいね★

ムダな買い物を減らすと、お家もスッキリします。ストックもなくなり、いつでも新鮮な商品を使う事ができる。

洗剤だってティッシュだって、多量にストックすれば保管している間にどんどん品質が劣化します。

トイレットペーパーも、洗剤の隣に保管すると揮発性物質を吸収して危険な感じ。

スッキリシンプル、お金はたっぷり。一緒に頑張りましょうね♪